yasemanダイエッターズ〜6Lからの挑戦

いつの間にやら100kg超えて、頭のてっぺんからつま先までオールぼっこれ中

七の巻:五臓六腑にすきま風 by杉良

みなさんこんばんは、真湖です。

まだまだチェックが。。独りでやれやー!と

そろそろ言われそうですが、やめません(笑)

 

季節ごとの五臓の働き

春‥肝臓
(精神的に疲れが溜まる季節)

夏‥心臓
(血流や血圧の増減が激しく心臓に負担がかかります)

秋‥肺
(乾燥に弱く呼吸器官の機能が低下します)

冬‥腎臓
(冬の寒さで痛みやすい)

 

そして春と夏の間に来る梅雨

脾臓‥湿気に弱い消化器系の機能が低下し色んな器官に支障が出ます

脾臓を強くして痩せ体質をつくろう

 

パワー不足チェック

□肌露出の多い服を着る事が多い
□冷たい飲み物をよく飲む
□暑い日はシャワーだけで済ませる
□ビールが大好き
□外出時殆ど素足にヒール
□スナック菓子が好き
□寝るときもエアコンをつける
□睡眠時間が5時間以下
□暑いと運動不足になりがち
□ケーキやドーナツ、甘いものが大好き
□香辛料タップリの料理が好き
□長時間机に向かう事が多い
□夕方になるとかなり足がむくむ
□暑くてもそんなに汗はかかない
□スタミナがなく体が重く感じる

 

○の数が0~2個

今のところ脾臓を痛める要素はありませんが、

少しの事で機能が低下するので

体を冷やさないように心掛けましょう。

 

○の数が3~10個

むくみや冷え、夏太りが進行中です。

機能低下を防ぐ生活を意識して行かないと

水分が体内に溜まりやすい(水毒)体質が定着してしまいます。

 

○の数が11~15個

むくみがでやすい。余り食べなくても太る。

突然体調が悪くなったりします


↓ここで体質改善策


食材について

①生姜・ネギ・にんにく・みょうがなどの薬味になるものを多く食べて体を温める

麦類・豆類には利尿作用があるのでよくかんで食べるか、お茶タイプで代用もOK

③甘味のある食材も良いが砂糖やおやつから採っていたのでは改善されないので、かぼちゃ・芋類・米から摂取。 食べ過ぎには注意しよう

④体内に溜まった熱を冷ます食材(茄子やキュウリなど)+体を温める食材(①)を一緒に食べる

 

生活習慣について

①室内で出来るダンスやストレッチをしてみる

②首・手首・足首を気付いた時にくるくる回して血流良好

③ぬるめの風呂に浸かり、じっくりと発汗させると冷え撃退

④冷房→除湿に。会社などでは肩/首に上着をかける事でだるさも軽減するのですって。

 

あたすぃ10個に〇だったわー